ゆきブログ☆遠距離恋愛→結婚

彼とは遠恋中。
大学卒業したら結婚したい!!
ヾ(´Д`)ノ会うの月1じゃ寂しいよぉ〜
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
しょこたん☆ぶろぐ
しょこたん☆ぶろぐ (JUGEMレビュー »)
中川 翔子
超LOVEφ(〃∇〃 )))
なんでそんなにかわいいの〜
あなたのようになりたいです。。。
見てちょんまげ


カップルで楽しめるサイト♪
私もやってますんでどうぞ〜



お財布.com

ゆきは只今5千円♪
携帯からポチポチしてるょ


はいめーる.net

メールを受信するだけで貯まります
ヤフーメールを受信専用に作りました
ラクしてお小遣いをGETダゼ!

ClickHere

結構、有名らしいので登録してみました。
期待してます!!


懸賞三昧♪( ´^ิー^ิ`)ニヤァリ

PROFILE
SEARCH
ゆきのプロフだぉ
LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
SoftBankの夢
夢をみました。

ハッキリ覚えているのは久しぶり。


ひろちんもでてきたした。



ひろちんの家に泊まりがけで行っていて

SoftBankを2人で買いました。

ホワイトプラン狙いで。


私は2台目だからかさばらないのがいいと

3cmくらいしかない超小型のを買いました。



でもね、ホワイトプランは来月からと言われました。



その新しいTELに中学・高校ずっと一緒だったかっちーからTELがきました。


1年くらい連絡してなかったのでヒドイと言われました。


前会った日からちょうど1年だったらしいです。

本当は違うけど。
| ★ゆき★ | 夢のおはなし | comments(0) | trackbacks(0) |
赤ちゃんの夢
妊娠した夢をみました。

まだお腹は大きくなっていないけど、少しだけ出っ張っていました。

ほんのり温かかったです。

もう4ヶ月くらいになるのに私は気付かなかったんです。

なんで気付かないの?

と、病院で言われました。
| ★ゆき★ | 夢のおはなし | comments(0) | trackbacks(0) |
人は見掛けによらない夢
1つ上の先輩。

毒舌。ネチネチ噂好きタイプ。

私の不得意な先輩。


その先輩がでてくる夢をみた。

場所はデパート。

彼女が白いコートに真ピンクのエナメルバックを持って、スーパーの衣料品売り場にいる。

コンパがあるらしく、オシャレしている。

でも、さっき書いたようにイマイチな恰好。

外は急に土砂降りの雨。

彼女は折りたたみ傘のSALEのワゴンに一目散。

必死に折りたたみ傘を物色している。

私はなぜそこにいたのかは分からないが、これからひろちんに会う予定。

傘は持っていないけど、ひろちんが持ってくるだろう。

『あの大きな傘で相合い傘して帰ろう』

そう思って先輩に見つかることのないよう、スーパーを出る。

よく分からないけど、絶対に見つかってはいけない。

隠れるようにして外へ向かう。

しばらくすると、やや遅刻してひろちん登場。

やっぱり、あの傘をさしてきた。

その傘に一緒に入って歩道橋を歩く夢。

ひろちんは、『こんな大雨なのになんで傘持ってこないの!?』と少し怒っていた。
| ★ゆき★ | 夢のおはなし | comments(0) | trackbacks(0) |
バレずに飲み会計画の夢
また夢をみたよ。

大学の友達と飲み会の計画を立てているんだけど、メンバーの男の子1人が、彼女が心配性で自分が知らない人たちとの飲み会は行くなッて言われてるらしくて…
バレないように、飲み会をしよう!という夢

今日、相談しようねという日に私はバイトだった

早く集合した友達は私のバイト先へやってきて待っているの

でもね、マイはなぜかウエディングドレスで来ていて、かなり目立つ!(;-_-;)

私はちょっと待っててね、と言いに友達のところに行くんだけど、なにしろウエディングドレスで来ているもんだから、目立って仕方ない

でも、話は盛り上がり5分くらい話して戻ると…
バイトのタヌキ代理が文句を言ってくる!

そこでムカついた私は、
『アンタみたいにいるだけで無駄にいるより、5分くらいサボってもちゃんと働いた方がよっぽどマシだ!』と、言い放つ。

するとタヌキ代理は
『そりゃそーだね』と納得する。

結局、飲み会は行われる。

でも心配性の彼女のスパイ、柳屋くんがいて現場を写メで撮られる。

それを発見した私は、ブチ切れて(`□´)携帯をぶん取って画像を消したの
超怒りながら…

今日の夢はそんなんでした(^-^;
| ★ゆき★ | 夢のおはなし | comments(0) | trackbacks(0) |
フルーツポンチの夢
昨日みた夢。

この前書いた高野さんと一緒に、ナタデココ入りのフルーツポンチを取り分ける夢。

ライチも入ってたァ〜

おとといナタデココの入ったソフトクリーム食べたんだ(-_-ι)
だから見たのかな?
| ★ゆき★ | 夢のおはなし | comments(0) | trackbacks(0) |
私は芸能人
本当によく夢をみる
眠りが浅いのかな?

長い夢をみていたのは覚えているけど、内容はすぐに忘れてしまう

今回は、私σ(・∀・)芸能人デシタ!

だからといってテレビに出たわけでもなく、撮影をしたわけでもなく、アビリティーは芸能人。

いつもと違うところは帽子をかぶっている

黒い毛糸の帽子
この前試着した帽子

…ただ、その帽子が欲しいのかも

芸能人は帽子を被るという私のイメージが、私を芸能人にしたのかも
ただその帽子が欲しいだけで。
| ★ゆき★ | 夢のおはなし | comments(0) | trackbacks(0) |
クロダジンジャ薬
またヘンテコな夢をみた
ひろちんが流行りの風邪で倒れる夢

男の人がかかる流行りの風邪らしい

風邪で倒れているひろちんからTELがあった

『クロダジンジャァ薬があれば一発で治るから持ってきて』

何のこと?と思いながら、わかったとTELをきった
でも何のこと??

私は黒田神社で作っている薬かと思って必死に捜す
でも見付からない
色々な人に聞く
でも見付からない

どうしようもなくて交番で聞くことにした

するとそこの交番には大学の友達美香がいて、なぜだか交番で漢方みたいなお茶を煎じている

黒田ジンジャ−を煎じていると言う
余ってるからひろちんにも持って行ってと言ってくれた

黒田神社で作る薬ではなく、黒田というメーカーが販売しているジンジャ−(生姜)の漢方薬のことだったらしい
| ★ゆき★ | 夢のおはなし | comments(0) | trackbacks(0) |
忘れた−きゃー
忘れた(TωT)ウルウル

夢をみたら記事に残すことにしてるのに−
朝起きて、書かなきゃ!ッて思ったのに、いざ書こうと思ったら忘れてた−

夢ッて不思議
長時間覚えていられないよね

なんでだろ?

本当にあったことではないから?

中には忘れられない夢もあるけどね
すぐに忘れちゃう夢と忘れられない夢
同じ夢なのに不思議
| ★ゆき★ | 夢のおはなし | comments(0) | trackbacks(0) |
上司の夢
さっそく夢をみました

今日の夢はあんまり覚えていない

上司の夢は、直接その人への思いとか仕事の不満を表すそうです

夢の内容

バイトの副支店長にお茶出しを命じられる
ただそれだけ…

実際この前頼まれたんだよね
私はお茶出し嫌い

偉い人のくせに偉い人の席に座らなかったり、
話し混んでいる中、お茶を指し出さなければならない

なんといっても慣れてないしね
ウエイトレスのバイトしてた時は『お茶です♪』ッて気軽に持っていけたけどそぅではないじゃん?

お茶飲みに来たわけでもないし

お茶出しが嫌いということがよく分かりました
| ★ゆき★ | 夢のおはなし | comments(0) | trackbacks(0) |
パラレルワールドの夢
大分、前に見た夢
まだ覚えている…

時代背景は未来
年齢は今のまま
世界は1つの国しかない

ある日、とってもすごいリニアモーターカーが開発された
すんごい大きくて、すんごい長いの。

世界の人口の半分は乗れる

それの試乗会
私やひろちんもそれに乗れる券を貰った

チケットは選ばれた人たちだけに与えられるもの
主に知能指数の高い技術者
そして一般からの選ばれた人達

一般の人達は先頭車両
技術者たちはその後ろの車両

あたり一面、黄色やピンクのお花畑を電車は走っていた
とってもきれいなお花畑
蝶々も飛んでいる

しかし、線路が少し破損していた
そこを通り抜ける時、運悪く電車が横転してしまう

猛スピードではしっていたので2両目の半分くらいから、ねじれて爆発!

私は先頭の自分の席にいたけれど、ひろちんは後ろの車両の見学に行っていて、事故に巻き込まれる…

その未来の電車のねじれた車両ごと、なんともぅ1つの時間の流れの世界へワープしてしまっていたのだ

そんなことは知らず、技術者たちがみんな死んでしまったと思い、生き延びた人達、乗らなかった人達はパニックに陥る

私はひろちんがまだ車両にいるかもしれないと、必死に捜す
でも見付からない

車両を捜しているうちに、私ももぅ1つの世界へと足を踏み入れる

そこは、びっくりするくらいキレイで自然があって、なのに近代的なビルが立ち並んでいた

その世界の住人はみんな頭の良い技術者だから、すぐに街ができて一気に発展したらしい

神様がそうなるように仕組んだこと
技術者と一部の市民を新しい世界へ送りこんだのだ

そこにひろちんもいた
市民として

電車に乗っていたものはそこにワープできる資格があるらしい
私もそこの世界で暮らすことにした

久しぶりに長編の夢
アニメを見てるみたいでおもしろかった
| ★ゆき★ | 夢のおはなし | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>